運転者を賢く限定するコツ

自動車保険の見積もり時に、その車を運転する人は誰ですかという質問があります。自分だけ、家族も、友人・知人もとなるとその保険料が変わってきます。自分一人よりも、その車を運転する人数が増える方が、物理的に事故にあう確率も上がるので高くなるのです。
任意保険では運転者を限定することが可能です。本当に自分1人しか運転しないのなら自分だけで契約した方がお得です。しかし、その場合、他の人が運転し事故を起こしたなら、保険料はもちろん支払われません。自分の車を他の人に運転してもらう可能性が少しでもある場合は、自分だけで契約をするのは危険です。
また家族限定で契約をする方も多いようです。ただし、家族といっても保険会社によってその定義が異なってきます。血族、姻族の親等はもちろん、契約者と同居している家族も保険上の家族とみなされることが多いようです。逆に隣同士の親戚や結婚して近所に居を構えた子供などは家族とみなされないケースが多いので、注意が必要です。
また、最近増えた二世帯住宅に関しても保険会社によって見解が異なります。住居の入り口が一つなら一世帯、水回りが別々なら二世帯など保険会社によってその見解が異なるので、自分がそれに当てはまる場合は、保険会社に問い合わせて確認しましょう。

Comments are closed.