運転者限定ってどんな状態?限定タイプと運転できる人

私たちの生活において欠かすことのできないものの一つとして自動車の存在を挙げることができます。
ビジネス・プライベートを問わず、あらゆる場面で私たちは自動車の恩恵を受けていますし、自動車が無くなったら困る、という人は世の中に大勢いることでしょう。

そんな便利な自動車ですが、安心・安全に運転するためには任意の自動車保険に加入することが欠かせません。
任意保険は自賠責保険と比較して保険料が割高となりますが、万が一のことを考えると確実に補償をつけておきたいものです。任意保険は保険料が高いもの、と考えられがちですが、契約内容を見直すことで保険料を安く抑えることが期待できます。
保険契約を見直す場合、まず最初に確認をしたいのが、運転者の補償範囲です。補償範囲は保険契約者本人のみから無制限までと細かく分かれ、設定することが可能なのです。
もしも、独身であったり、夫婦と幼い子供のみの世帯であるなら、運転者限定の制度を使うことによって保険料を安くできる可能性が高まります。

補償の適用範囲を、独身ならば被保険者限定、若い夫婦であれば被保険者と配偶者のみに限定をすることで保険料は抑えられます。限定をした場合、補償対象者以外の人が運転し事故を起こした場合は保険金は支払われないので注意が必要です。
今挙げた2つの例の場合ですと、友人や両親などに車を貸して事故を起こした場合、保険の適用外となるのです。

Comments are closed.