運転者限定なしの場合

自動車保険は個人が加入するものと企業が加入しているものでは若干異なる部分がありますが、個人で加入する保険には運転者限定を設定することが可能です。本人限定や夫婦限定、家族限定など限定した範囲内の人が運転した際に保険が適用される仕組みとなります。運転者限定を設定することで保険料を安くすることが可能ですが、保険が適用される範囲が広くなればそれだけ保険料が高くなります。本人限定よりは夫婦限定の方が高くなりますし、家族限定はさらに高くなります。企業で加入する保険には運転者限定を設定できないのが一般的です。運転者限定なしということになりますが、契約者以外の人が運転しても保険が適用されます。運転者に制限が無い訳ですから、簡単に言えば誰でも保険が適用されることになります。もちろん保険の対象となる人が増えることになるためそれだけ事故の確率も高まりますので、保険料も高くなってしまいます。しかし企業では社員の全てが運転する可能性があるため、運転者限定があると利便性が悪くなると言えます。個人の保険では運転者限定の無い誰でも運転できる保険では保険料が高くなるため、運転者限定を設定して保険料を抑えることが大切です。

Comments are closed.