他車運転危険担保特約について知っておこう

自動車保険には色々な特約がありますが、その中のひとつに、他車運転危険担保特約があります。この特約は、友人や知人など他人の車を借りて運転している時に、事故を起こしてしまった場合の補償に関する特約です。対人、対物賠償事故、自損事故、車両事故について、保険金が支払われます。但し、その対象となる他車には、注意が必要です。記名被保険者、記名被保険者の配偶者、または、記名被保険者が同居している親族が所有していたり、常時使用している車の場合は、対象外となります。別居している未婚の子供が所有、または常時使用している車を自ら運転している場合も、他車の対象外となりますので、注意するようにしましょう。また、対象は自家用車とあれていますが、これにも条件があります。自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用系よりん乗用車、最大積載量が0.5トンを超えて2トン以下である自家用普通貨物車、最大積載量が0.5トン以下である自家用普通貨物車、自家用小型貨物車、自家用軽四輪貨物車、キャンピングカーなどの特殊用途自動車のみが、対象となっています。
このように、この特約は他人の車を運転する時に、事故を起こしてしまった場合に対して補償されるものです。

Comments are closed.