家族限定の家族って誰?

自動車の保険には、強制加入の自賠責保険と、任意加入の自動車保険があります。
自賠責保険は強制加入ですが、新車購入時や車検の時に一緒に支払うので、保険料を払ったという自覚を持っていない人も少なくありません。
 自賠責保険の補償範囲は、事故の被害者だけなので、運転者自身や同乗者の傷害、自分の車や相手方などの対物の損害には自動車保険で備えておきましょう。
 加入自体も法律上は任意ですが、事故が起きたら補償にいくら必要になるかわからないので、加入自体は車を持つ以上義務として果たしておきたいところです。
 補償金額の上限や運転者の限定など、契約の条件で保険料を抑えることは任意です。

 運転者を記名被保険者の家族限定にすると保険料が割引になりますが、この場合の”家族”の条件に注意が必要です。
 本人及び配偶者は問題なく家族に該当しますが、その他の親族の場合は同居が条件、子供の場合は、別居していても未婚ならば対象に含まれます。
 せっかく保険料を節約しても、いざという時に保険が使えないと、払った保険料すべてが無駄になってしまいます。運転する可能性がある人すべての条件を確認してから特約を付けるように注意が必要です。対象外の人は運転をしないようにするか、ほかの方法で別の保険に加入するなど、対策をしてから運転しましょう。
 

Comments are closed.