本人限定ありの場合

自動車保険では契約内容に様々な条件を設定することが可能ですが、条件によって保険料を抑えることが可能です。通常であれば条件を厳しくすればそれだけ保険料を安くすることが可能ですが、運転者が制限されるためにデメリットも出てくるのです。運転者の制限には家族限定や夫婦限定、本人限定がありますが、家族限定では基本的に同居の家族に対して保険が適用されます。夫婦限定ではもちろん夫婦にしか保険が適用されないため、保険が使用できる範囲が狭くなるほど保険料を安くすることが可能です。本人限定ありの場合には、契約者本人のみが保険の対象となるため、さらに保険料を安くすることが可能です。運転できる人を制限することで保険料を安くすることが可能ですが、その分だけ運転できる人を少なくすることになります。家族全員が車を運転する場合に本人限定とした場合には、その車には契約者しか保険が使えない不便な状態となるため、家族構成や運転する人の状況にあわせて設定することが大切です。独身で一人暮らしの場合には本人限定でも不便はないと言えますが、夫婦で運転する場合に本人限定だと一方が運転できない状態となるため、保険料が安くてもメリットは少ないと言えます。

Comments are closed.